投資

サイドFIRE計画を嫁さんに初めて告げた話

こんにちは~こんばんは~堅実投資家のタイセイです(@investertaiseih)←ツイッターに飛びます。良かったらフォローお願いします。

自己紹介はこちらをご覧ください。

先日以下のツイートをしました。

ついに嫁さんにサイドFIREを目指していることを伝えました。

今日はこのツイートについて深堀していきます。

FIREやサイドFIREを目指している人のなにかの参考になれたら幸いです。

※この記事は3分程度で読めます。

サイドFIREプレゼン内容

株の優位性

まずは投資家にはおなじみのシーゲル氏の書籍でも有名になった以下の図を用いて株式投資の優位性を説明しました。200年間の歴史で1ドルを株、長期国債、短期国債、ドルで保有した場合、1ドルは0.07ドルになっており株はなんと60万倍の60万ドルになってました。

如何に株を長期で保有するのが優位かと言うのを伝えました。

世帯別資産額推移

私の資産額と日本人の世帯別資産額推移について伝えました。世帯資産額3000万円で上位20%に入れる。5000万円超えれば上位10%以内に入れることを伝えました。

FIREの概念

次にFIREの概念を伝えました。

◎対象期間:1926年~1995年の70年間 ◎保有比率:株式50%:債券50%

◎取り崩し率:1年で4% 上記の条件で取り崩しを行うと、30年後に資産が残っている確率が96%(切り崩し初期の暴落などで残り4%は途中で無くなるリスクあり) しかも30年後の平均値で最初の元本の8倍になっていた 例えば3000万円で引退して4%の120万円を切り崩していった場合、30年後に2億4000万円になっている。

これは米国の平均利回り7%に対してインフレ率3%を引いた4%と言うことです。

しかし、日本のインフレ率は目標を2%ですが思う様にいかず現状1%にも達していないため、1%で見ておくと良いでしょう。

そうするとアメリカ基準の年間支出の25倍ではなく、20倍ほどが日本における資金の目安といえそうです。

これに踏まえると支出が毎月20万円の家庭は年間240万円✖️20倍で4800万円。支出の半分は働くとしたら最低額2400万円でサイドFIRE可能になります。

もちろん暴落時に踏まえて5年分の現金を保有してた方が良いという意見もありますがややこしくなるの除きました。

サイドFIREプレゼン内容の反応と回答

嫁さんのプレゼン後の反応は以下のツイートの通りで『このプランがどれ程の有効性があるが分からないけど良いんじゃないの。むしろムスコが小学4年の壁があるので平日家に居てくれる方が安心』との事でした。

なんだか主夫になれそうですw

今後について

そんなこんなしてる時にまた改めて金融資産課税の話が出てきてしかも南アフリカの変異株とか不安材料が出て来たな〜

しばらく会社で働かざる負えないのかなぁ( ;∀;)

とりあえずは嫁さんの大きな反対は無さそうなので出来るだけ基盤を固めてサイドFIREしようと決意出来ました!

15年以上経験を積み堅実な投資手法で毎年着実に平均10%以上の利回りを上げています。『これだけは知っておきたい一番大事なお金のこと:一億総投資家時代の賢い生き方』にてAmazon電子書籍5部門1位。投資の儲けは我慢料。モットーは成功するまで続ければ失敗しない。不幸はお金である程度防げるけど幸せは人間関係でしか得られない