投資

マイホーム購入して11年。良かったこと、悪かったこと

こんにちは~こんばんは~堅実投資家のタイセイ(@investertaiseih)です。

自己紹介はこちらをご覧ください。

私はマイホームを結婚と同時に11年前に都内で3階建て戸建て建売3700万で購入しました。

そこで実際住んでみて良かった点、悪かった点をまとめてみました。

これからマイホームを購入しようとしている方や迷われている方に参考になれば幸いです。

なお私が戸建て派なので戸建てに偏った意見である事を予めご了承下さい。

まずは私が思うマイホーム選ぶときに大事な点も載せておきます。

こちらの記事も参照☞自宅購入で資産形成は可能なのか!?自宅購入と賃貸どちらが得か!?

         ☞マイホーム頭金問題

この記事は3分程度で読めます。

マイホームを購入して良かったこと

子供が気兼ねなく家で遊べる

子供の体幹を鍛えられるという事で2歳の時にトランポリンを購入しました。

これは間違いなく体幹が鍛えられて運動神経の発達に寄与しました。

2階がリビングで3階にトランポリンを置いているのですが結構騒音なのでマンションでは厳しいでしょう。

夏にはバルコニーにプールを置き5歳になる位まで遊びました。これもマンションは禁止している所が多いようです

家賃払うよりも安く良い場所に住める

これは正直物件の価格や場所によると思いますがマイホームを購入の際にはその場所で賃貸した場合と購入した場合の支払いを比較してみてください。

ちなみに私の場合は住宅ローンは月8万円で同じ地域で賃貸した場合は安く見ても16万円以上〜20万以上はします。

生活が安定して資産形成しやすい

一生かそれに近い位はそこに住むと仮定するとある程度住居費の目処が経ちローンには終わりもあるので老後資金など計画しやすいです。

日本ではあまりまだ浸透していないですがリバースモーゲージという制度もあり家を担保に金利だけの支払いで査定額を借りることが出来、死亡したら

そのまま家を手放す制度です。

マイホームを購入して悪かったこと

引っ越しなどの移住がしづらい。

結婚当初からマイホームを購入しているので子供の学校やママ友のネットワークなどが出来上がっておりフットワーク良く移住などは家族の理解を得るのは至難の業です。引っ越しや移住希望などがある人は予め最初から伝えておいた方が良いでしょう。

初期費用と頭金2割出費で資産枯渇

親の支援金と嫁さんにも少し出して貰い私の自己資金500万と合わせてトータル1000万を出したので金利は1.7%優遇が受けられて0.775%で当初は一番安い変動金利でした。

ただここで大きく資産を取り崩してしまったので暫く資産形成の足かせになりました。途中で私の場合は当時マネーリテラシーが不足しており繰上返済200万をしてしまい更に資産形成が遅れるミスをしてしまいました。

4LDKで部屋余る

結婚と同時にマイホームを購入した事で子供が今後何人になるか把握してない状況で結局子供一人なので暫く余る部屋が出来ます。ただこれにより私の書斎や子供部屋、奥さんの部屋は確実に出来たので良しとします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まとめると

メリットとして一番は家族で自由気ままに過ごせる場所で気に入っていると言うのが一番大きいです。毎月の支払いも同じ地域で賃貸を借りるよりも明らかに住宅ローンの方が安く住んでいます。

デメリットとしては簡単に引っ越しが出来ない事やマイホーム購入時にある程度資産を切り崩したので資産形成の足かせになりました。これから購入される方はなるべくフルローンで繰上返済などせずに万が一手放す可能性も踏まえてリセールバリューの高い家を購入する事をお勧めします。

そして初期費用分を世界株のインデックス等を購入した方が金利以上のリターンは見込める可能性が高いと思います。

不動産は同じ物件は2つと存在しなく、めぐり逢いなので是非家族が気に入る最高の物件を手に入れられることを祈っております。何か参考になれば幸いです。

 

 

15年以上経験を積み堅実な投資手法で毎年着実に平均10%以上の利回りを上げています。『これだけは知っておきたい一番大事なお金のこと:一億総投資家時代の賢い生き方』にてAmazon電子書籍5部門1位。投資の儲けは我慢料。モットーは成功するまで続ければ失敗しない。不幸はお金である程度防げるけど幸せは人間関係でしか得られない